KAZI
KAZI2019年11月号
前号次号
もくじ

男子470級の代表争い、
決着

KAZI 11月号(2019年10月4日発売)
A4判・平とじ
価格:本体1,091円+税

KAZI表紙

■特集内容

特集見開き
岡田奎樹/外薗潤平が代表に内定

男子470級日本代表、決す。

来年の東京オリンピックセーリング競技の男子470級日本代表選考の最終戦となった、ワールドカップシリーズ江の島大会。
選考は岡田奎樹/外薗潤平が勝ち抜いた。
しかしその舞台で輝いたのが、土居一斗/木村直矢だ。
男子470級の選考3大会で、唯一のメダリストが生まれた。

■特集2

014|白石康次郎が世界一周に挑む新艇
〈DMG MORI Global One〉進水!
特集2の1
038|
北海道一周航海で海から知床を訪ねる
特集2の2

■付録

別冊付録

RIVIERA SWAN MAGAZINE

カジ11月号付録「RIVIERA SWAN MAGAZINE」リビエラ スワン マガジン

■TOPICS

013|Photo news around the world「米国で新セーリングリーグ発足へ」
066|★最終回★〈アメリカ〉の技術が日本に……
   幕末アメリカズカップ風雲録
142|八代から世界を巡った名艇ST-34の軌跡
164|FROM THE FRONT LINE(世界のニュース最前線)

■BOATS & BUILDERS

074|西村一広的熱視線「グランドソレイユ34」
080|Powerboat「バイキング44オープン」
128|ヨットデザイナーの履歴書「30ft IORレーサー〈NOVA〉」
146|3mの木造テンダーを自作してみよう!

■RACE

032|鈴木晶友、ミニトランザット2019スタート!
052|SailGPフォイリングキャンプ「10人のまぶしき笑顔」
058|西村一広の新・アメリカズカップ日記
  「ETNZとアメリカ、AC75クラスを進水!」
062|Sail to TOKYO 2020「本番1年前のテストイベント開催」
132|レースインフォメーション
  「ユースマッチレース世界選手権」
  「ブラインドセーリング世界大会」
  「SAILおおつ2019」

■CRUISING

046|〈シルバーウインド〉の導き ――2週間で英国を再探究する

■GOODS

137|海モノ語り「防水バックパック/オルトリーブ・ギアパック32」

■HOW TO

112|外洋ヨットの安全談議「ヨットレースも自助と共助」
116|〈きらきら丸〉のクルージング三昧「初の大型連休クルーズ(4)」
120|青木 洋が考察する長距離航海の技術「大洋横断航海の計画(2)」
124|SPEED & SMARTS 〜ヨットレース勝利の方程式
  「ビッグフリート攻略法(5)」

■ESSAY & STORY

087|新・水夫は見た!!
089|高槻和宏「海(ココ)だけの話」
091|吉田拓生「三浦半島の南端から」
093|阿川大樹「物書きセーラーの独り言」

■その他

096|矢口あやは 海ガールはじめました!
   「目指せオリンピックセーラー!? 470級でトラピーズを体験」
102|理想のヨットライフを探せ!
   「ついにアドベンチャーアイランドを購入!湖を目指す(前編)」

○ほか
├ ヨット美人発掘委員会 〜海の南ちゃんを探せ!
├ ニュース&トピックス
├ スナック Kazi(読者のページ)
├ 海の告知板(売りたし買いたし)
└ 巻末:マリングッズカタログ

NEXT ISSUE

KAZI 12月号 予告(No.994)2019/11/5 発売

魅惑のクラシカルヨット&ボート

懐かしさや“フネらしさ”を感じさせるルックスに、現代的な乗りやすさを備えたクラシカルなヨットやボート。
そんなクラシカル艇や、長い間人気のオールド艇に乗るオーナーにその魅力を聞くとともに、現在でも新艇で入手できるモデルの情報もお届けします。

■ヨット紹介「エランE4」
■ボート紹介「リビエラ39スポーツモーターヨット」

※内容は予告なく変更される場合がございます。