舵社
 
ご注文はこちらから
 
 
子供が野球をはじめるときに知っておきたい

少年野球のルール

本間正夫  著/浜中せつお イラスト

少年野球のルール
品番:6551
価格:本体 1,200円+税
A5判、128頁
2013/03/31 発売
ISBN:978-4-8072-6551-0

■内容

子供にとって、いちばん分かりやすい野球ルールの本

だれでも知っていると思われるルールでも、はじめて野球をやる子供には分からないことがいっぱいです。はじめて野球をやる子供のために、イラストをふんだんに使い、親しみやすく、分かりやすいように書き下ろしました。

■CONTENTS

第1章 基本ルール

  • グラウンドとダイヤモンド
  • スリーフットライン
  • マウンドとピッチャープレート
  • バッターボックス
  • ネクストバッタースサークル
  • キャッチャ−スボックス
  • コーチスボックス
  • フェアボールとファウルボール(1)(2)
  • ボールインプレーとボールデッド
  • チームのユニホームは同じデザイン、同じ色で統一する

第2章 打者のルール

  • バッターは必ずヘルメットをかぶる
  • ネクストバッターズサークルで待つ
  • バッターボックスに立って打つ
  • ストライクゾーン
  • スリーストライクを宣告されたらアウト
  • スリーストライクの前にフォアボールで出塁できる
  • ボールでもストライクになる場合がある
  • フライ、ライナーを直接捕球されたらアウト
  • 一塁に到達する前に、体にタッチされるか、一塁に触球されたらアウト
  • 三振しても一塁に出塁できる場合がある(振り逃げ)
  • インフィールドフライが「宣告」されたらバッターアウト
  • 打順を間違えてしまったら?
  • ワンバウンドの投球を打ってもかまわない
  • デッドボールでも空振りしたらストライク

第3章 走者のルール

  • 打ったら一塁へ走る、 オーバーラン
  • フォースアウトとタッチアウト
  • ベースからリードしてもよい
  • 牽制球が投げられてきたときにベースに戻るのが遅かったらアウト
  • ライナー、フライが捕球されたらランナーはベースに戻る
  • フライが捕球された場合「タッチアップ」で走ってもよい
  • フライが上がったら「ハーフウエー」で打球を見る
  • ピッチャーが投球したら「盗塁」してもかまわない
  • ピッチャーが投球しなくても「盗塁」してもかまわない
  • ランナーの守備妨害
  • ランナーが打球に当たってしまったらアウト
  • ランナーのベースの「占有権」
  • ベースを踏み忘れたら?
  • ランナーの「進塁の放棄」
  • ラインアウト
  • 前のランナーを追い越してしまったらアウト

第4章 投手のルール

  • ワインドアップとノーワインドアップ
  • セットポジション
  • ピッチャーのボーク
  • ピッチャーの牽制球(1)(2)(3)
  • セットポジションをとったあと、一方の手をボールから離したら
  • セットポジションで「静止」しなかったら
  • 投球を途中でやめたら
  • ランナーのいない塁に牽制球を投げたら
  • バッターに正対しないで投げたら
  • ピッチャープレートを踏まないでモーションを起こしたら
  • ボールを持たないで、ピッチャープレートに立ったら
  • ピッチャープレートに触れているときにボールを落としたら
  • バッターが構える前に投げたら
  • ピッチャープレートの前から投げたら
  • キャッチャーのボーク
  • 牽制球は何球投げても構わない?
  • 指先にバンドエイドをして投げたら

第5章 守備のルール

  • 守備位置
  • 守備は交代する
  • 正しい捕球
  • 正しい捕球と認められない場合
  • タッチプレー
  • フォースプレー
  • ダブルプレー
  • トリプルプレー
  • フィルダースチョイス
  • アピールプレー
  • 打撃妨害
  • 走塁妨害
  • インフィールドフライとは?
このページの上へ移動