舵社
 
ご注文はこちらから
 
 
国内で、自家用操縦ライセンスを、早く安く取る方法

プライベート・パイロット

山下智之 著

プライベート・パイロット
  • 書籍
品番:1137
価格:本体 1,400円+税
A5判、並製 216頁
2015/01/28 発売
ISBN:978-4-8072-1137-1
立ち読みPDF

■内容

日本で自家用飛行機のライセンスを取るには、まず海外で資格を取り、後日、学科試験の一部だけパスして国内の免許に書き換える―という方法が、今のところ一般的です。
しかし、国内外の制度の変更もあり、また実際に国内で飛べるようになるまでの道筋を考えると、実は初めから国内で訓練して免許を取った方が「安く、早い」という目からウロコのノウハウをお伝えします。
すべて筆者が自ら実践して得た「本当の話」。これまで誰も書いたことのないスーパーメソッドを学び、空への憧れを現実にしよう!

■もくじ

1章 自家用操縦士免許でできること

  1. 趣味やレジャー、移動手段として飛ぶ
  2. フライトクラブで飛ぶ
  3. 自家用機で飛ぶ
  4. 自由な空

2章 2013〜2014年、実技試験がやさしくなった

  1. オープンスカイとLCC
  2. TPPの落とす影
  3. 技量維持のための技能審査制度

3章 空への近道、まず自分を知ること

  1. パイロットの向き不向き
  2. 操縦には性格が出る
  3. 自分を知らずに風は読めない
  4. 絶対に甘くはない自然
  5. 適性検査の勧め

4章 まずやること、それは「学科試験」

  1. 適正を知ったら、学科試験へ
  2. 過去問に始まり、過去問に終わる
  3. 読むべき本、読むべきではない本
  4. レジメの作り方

5章 操縦訓練を始めよう

  1. 最も大事なこと、それは教官選び
  2. 教官には3タイプがある?
  3. 意志を伝える
  4. シラバスを組む
  5. 技量を積む

6章 ソロまでの道のり

  1. 追いかけると逃げる
  2. 脳幹に刻む
  3. 道は一つではない
  4. 相手は自然だと知る

7章 訓練の実際

  1. トラフィック
  2. エアワーク
  3. ナビゲーション
  4. 苦い思い出
  5. 操作手順
  6. 慣熟学習カーブ

8章 実技試験前の景色

  1. 感情と理論
  2. 最大の敵、苦手意識
  3. 最後は睡眠

9章 実技試験当日

  1. 開かなかった自動ドア
  2. 口述試験
  3. 首の皮一枚
  4. 絶対に出る、日頃の考え
  5. あきらめるな
このページの上へ移動