舵社
 
ご注文はこちらから
 
 
ヨット乗りの気象予報士が教える、天気予報を100%活用するカギ

海のお天気ハンドブック

馬場正彦 著

海のお天気ハンドブック
書籍
電子ブック版あり»
品番:1516
価格:本体 1,400円+税
A5判、127頁
2009/03月 発売
ISBN 978-4-8072-1516-4

■内容

インターネットや携帯電話が発達した現代では、さまざまな気象情報が簡単に手に入る。でも「明日は雨」「日中は南の風が吹く」といった情報を得るだけではもったいない。気象の基本を知れば、より多くの情報を得ることが可能となる。そこで、プレジャーボート向け気象情報提供サービスも手掛ける筆者が、海をフィールドに休日を楽しむ人たちに向けて、まったく新しいスタイルのハンドブックを送る。「難しい気象本はもういやだ」という自身の経験を基に、分かりやすいイラストと平易な言葉で、海の気象の基本をわかりやすく解説。

■もくじ

CHAPTER.1 天気予報

◎利用する前に知っておきたいこと

  • 天気予報の歴史
  • 天気予報の進化
  • 天気予報が外れる理由
  • 天気予報の欠点を知る
  • 上手に天気予報と付き合う
  • 日本沿岸の風情報
  • メディアで情報を知る
  • 遠い洋上での気象情報
  • 衛星を使った気象情報
  • 身近な気象観測の情報
  • 風速の見極め方
  • 天気予報の用語
  • 観天望気のいろいろ

CHAPTER.2 気象の基礎知識

◎天気予報を理解するために

  • 太陽からの熱エネルギー
  • 熱エネルギーの運搬
  • 水蒸気という存在
  • 気象現象の大きさ
  • 地球の自転と大気の渦
  • 偏西風とその役割
  • 寒気の流出
  • 大気の安定、不安定
  • 温暖前線
  • 寒冷前線
  • 低気圧と高気圧
  • 熱帯低気圧と台風
  • 雨と雪
  • 積乱雲の構造
  • 波の正体
  • うねりと風浪
  • 海流
  • 水温
  • 水温が示すサイン

CHAPTER.3 実践的天気予報

◎自分自身で天気を予測する

  • 天気予報の利用
  • 局地気象
  • 局地海象
  • 海陸風
  • 局地低気圧
  • 平均と最大
  • 上層天気図の活用
  • 日本の四季「春」
  • 日本の四季「夏」
  • 台風の進路予測
  • 日本の四季「秋」
  • 日本の四季「冬」
  • 雲を読む・1
  • 雲を読む・2

CHAPTER.4  異常気象

◎地球温暖化がもたらすもの

  • 地球温暖化
  • 気象レジームソフト
  • 身近な影響
  • 遠いところでの異変

お天気用語集

■著者:馬場正彦(ばば・まさひこ)

このページの上へ移動