KAZI
KAZI2018年12月号
前号次号
もくじ

小松一憲の
コーチングメソッド

KAZI 12月号(2018年11月5日発売)
A4判・平とじ/価格:本体1,048円+税

KAZI表紙

■特集内容

特集見開き
国際レースやインカレで実績を残す

小松一憲のコーチングメソッド

現役時代はストイックな取り組みで、470級とソリング級でオリンピック日本代表となった小松一憲氏。その後は、オリンピック候補選手や代表選手、大学生セーラーの指導にあたり、多くの実績を残してきた。その指導哲学と方法論に迫る。

■特集2

032|離島から航く離島――
宮古島、西の彼方に【その二:多良間島】
特集2

050|ベトナムの川旅
紅河をたどって、世界遺産ハロン湾へ

特集2

■別冊付録

2018保存版空から見る!

三河湾&伊勢湾マリーナガイド

名古屋上空から、三河湾と伊勢湾を代表する6つのマリーナ施設をヘリコプターで空撮したマリーナガイド。施設の全貌を把握できる便利な付録です。アプローチの方法や周辺の景色など、ヨット、ボート遊びにお役立てください。

12月号ふろく

■TOPICS

015|Photo news around the world
  「ゴールデングローブ単独世界一周レースでリタイア相次ぐ」」

164|FROM THE FRONT LINE(世界のニュース最前線)

■BOATS & BUILDERS

054|短期集中連載 未来を担うキールボート
   「HPR艇、デザイナーそれぞれの思想」

068|自作魂「超軽量のダクロン張りカヌー」

074|2018ヨコハマフローティングヨットショー

134|ヨットデザイナーの履歴書
   「ニッポンチャレンジ アメリカズカップ1991(10)」

今月の艇紹介
076|Sailboat「JND 36〈VOGUE〉」
082|Sailboat「デュフォー・グランドラージ360」
088|Powerboat「リーガル33エクスプレス」

■RACE

042|第36回 リビエラ逗子マリーナヨットレース「若大将カップ」

046|第7回 伊江島ヨットレース

058|Sail to TOKYO 2020
  「データで見るワールドカップ江の島大会」

062|西村一広の新・アメリカズカップ日記
  「第35回ACの興奮再び、“SailGP”」

132|レースインフォメーション
  「九州ミドルボートカップ」
  「ヴィンテージヨッティングゲームズ」
  「瀬戸内市長杯・牛窓オリーブカップヨットレース」

■CRUISING

100|にぎやか家族、甑島へ出航!

■GOODS

145|海モノ語り「 潮流計を自作してみた」

■HOW TO

120|外洋ヨットの安全談議「 航海灯もLEDの時代なのだ」
124|〈きらきら丸〉のクルージング三昧「逆潮の津軽海峡を越える」
128|青木 洋が考察する長距離航海の技術「乗組員の安全確保(3)」
132|SPEED & SMARTS 〜ヨットレース勝利の方程式
   「レースコミティーから得られる情報(5)」

■ESSAY & STORY

017|ハラケン’S BAR「En el Cabo de Hornos」
094|油壺、今昔ものがたり
105|新・水夫は見た!!
107|高槻和宏「海(ココ)だけの話」
109|吉田拓生「三浦半島の南端から」

■その他

018|BULKHEAD magazine Regatta gallery

112|理想のヨットライフを探せ!
  「マリンクラブ・シースタイル/ポンツーンボートで猪苗代湖遊覧」

ほか
 ・ヨット美人発掘委員会 〜海の南ちゃんを探せ!
 ・ニュース&トピックス
 ・スナック Kazi(読者のページ)
 ・海の告知板(売りたし買いたし)
 ・初級・中級シーマンのためのヨット、ボート用語道場
 ・Kazi 2018年総索引
 ・巻末付録「マリングッズカタログ」

NEXT ISSUE

KAZI 2019-1月号 No.983 予告(2018/12/5 発売)

アーサー・ランサムに魅せられた人々

『ツバメ号とアマゾン号』の世界

子供たちがディンギーを楽しむ姿を描いた『ツバメ号とアマゾン号』。
この本を読んで、ヨットに興味を持ったという人も多いはず。
セーラーにもファンが多いこの作品の世界を、さまざまな人や角度から紹介する。

ボート紹介「ヤマハSR330」

[別冊付録]
Kazi オリジナルカレンダー2019「アイルランド・サウスコースト」

※内容は予告なく変更される場合がございます。