• 9
  • / 2020

CONTENTS

特集とびら

特集 ボートで巡れば出合いがある

クルージングで広がる世界

「ボートに乗る目的は?」と問われれば、「釣り!」と答える人がほとんどだろう。
だけど、クルージングだって楽しいボート遊びの一つなのだ。
クルージングではいろいろなコトに出合える。
見知らぬ海域、絶景、初めて訪れる港、地元の人のあたたかい笑顔、
おいしい食事、名産品などなど̶̶。
魚を釣るために海中ばかりに思いを巡らせるのではなく、たまには視野を広げて、
なにかと出合うためにボートを走らせてみてはいかがだろうか。
アナタの周りにも、気づいていないクルージングスポットが意外とあって、
これまで知らなかった魅力に、気づけるチャンスかもしれませんよ?

↓ ↓ ↓

  • 022|ボート釣り大好きオーナー
    日本三景・松島の多島海を航く
  • 026|クルージング今昔物語
    20年以上続けても変わらない非日常感
  • 030|マリーナスタッフのオススメクルージング(1)
    新潟県・粟島 オールドソルトが愛する自然豊かな日本海の宝石
  • 034|マリーナスタッフのオススメクルージング(2)
    福井県・三方五湖 緑豊かな水路を抜けて表情異なる湖を巡る
  • 038|編集部・コーノの
    インフレータブルボートで航く初めてのクルージング
  • 042|絶景に逢う~Seeing Superb Scenery~

読者プレゼント

  • 読プレJ-FISHのラッシュガード

    読プレモンベルのキャニオンサンダル

Boats & Builders

054|ザ・ボート・レビュー・マンスリー「タルガ37」

060|BCインプレッション「G3エリート326C」

064|ニューボート・プロファイル「ガレオン510スカイデッキ」

066|Tadami×由良拓也の往復書簡
拝啓、どう? このボート「エナタマリン・フォイラー」

068|あなたのボートにおジャマします!
〈絆Ⅱ〉ヤマハFR-34 澤村 成さん

Boat Fishing

088|〈丸丸〉の楽楽トレーラブル釣行記
西伊豆でルアーフィッシング

092|ヤマハマリンクラブ・シースタイルで旅する Sea "Trip" Style
東京湾湾奥で釣り&クルーズを大満喫

098|孤高の釣り人&料理人Mr.ツリックの弟子がきたから釣教してみた
葉山でエギングに挑戦だゾ

104|エキスパート直伝! ローカル釣り便り
服部宏次「南の海のファシリテーター」

126|進め! BCフィールドレポーターズ
福本康弘さん「玄界灘ほか」〈Pets eight Ⅱ〉ヤンマーFX27Z

Knowledge from the Sea

109|BCゼミナール「国際VHFについて(1)」

112|フネの DIY術「係留(2)──最適な係留方法って?」

114|プレジャーボートの事故に学ぶ 海の安全心得
「上架艇を洗おうとして脚立から落下したり、係留艇に乗ろうとして落水したりした場合の保険の解釈」

116|★短期連載★ ボートに関わる数値とその応用
「その(2)パワーユニット編」

Others

〇ボーターズ倶楽部
〇PORT / STARBOARD by Tadami「行き合うときは……」
〇「海の駅」発着のクルージングモデルルート
 「マリンチック街道」で海を楽しむ
〇水路を航く~写真で訪ねる川、運河
 「千葉県・印旛沼水系(2)新川 ミニボートで道の駅へ」
〇快適な船中時間を約束してくれる ノーザンライツのマリンジェネレーター
〇メイド・イン・フランスの定番マリンギア「プラスチモその歴史と魅力」
〇突撃!マリーナレポート 千葉県いすみ市「房総マリーナ」
〇NEWS & NOTICE
〇妄想全開!机上で日本一周
〇ツナギ男子!
〇港町グルメ探訪
〇巻末付録|マリングッズカタログ

NEXT ISSUE

2020-10月号 予告(2020/9/4発売)

マイボートオーナーも必見!
レンタルの賢い使い方

ボート免許を取得する人の約4割がレンタルボート目的といわれる昨今。
所有艇とは違い、メンテナンスに気を使う必要はなく、
気軽にさまざまなゲレンデでボート遊びを楽しめるなど、メリットも多い。
にわかに盛り上がりを見せている、レンタルボートの魅力に迫ります。

[ボート紹介]
■サノ24ランナバウト

[フィッシング]
■いま気になる、このアイテム ■実釣で学ぶ魚探の見方、使い方
■小野信昭のそんなの無理ナンダイッ!?「東京湾でタチウオ釣り」

[そのほか]
■ あなたのボートにおジャマします! 
■ 水路を航く「唐琴の瀬戸 岡山県・牛窓」
■ BCゼミナール「国際VHFについて(2)」 ■ フネのDIY術

…… and more!

※今年の「ボートフィッシングSPECIAL」は、11月号に掲載予定です。

※内容は変更される場合がございます。